戦略MG(マネジメントゲーム)のゲーム風景・流れを見てみましょう!

まずは、戦略MG(マネジメントゲーム)のゲーム風景をご覧ください。

戦略MG(マネジメントゲーム)では、皆さん一人ひとりが会社の経営者となり一人経営を行います。1つのテーブルが同じ商圏となっており、5~6社で競合します。
同じ資本金や商圏の中で、順番に経営に関する意思決定を行い会社を成長させます。

時には…

リスクカードという好機にも損失にもなりうるカードを引くことがあります。リスクを活かすも殺すも経営者次第、ドキドキの瞬間です。

戦略MG(マネジメントゲーム)の流れ

戦略MG(マネジメントゲーム)では、機械・人材・材料のコマと教育・広告・研究開発などの4色のチップを使用します。
それらのコマとトップを会社盤と呼ばれるボードにまとめて、経営状況を分析し、下記基本ステップを行います。

基本ステップ
意思決定をします

戦略MGでは、「商品を販売する」「材料を購入する」「商品を仕入れる」「完成・投入」「ワーカー・セールスマンを採用する」「設備投資(機械を買う)」「広告を行う」「研究開発投資」「社員に教育を行う」の9種類の行動を行うことができます。

まずは何を行うか宣言をします

9種類の行動のうち何を行うか決まったら、「〇〇を行います」と宣言します。

各行動に該当するチップ(物)を
動かします

会社盤の上で意思決定に該当するチップやコマを動かします。

各行動に伴う取引金額をシートに
記帳します

各行動にルールで定められたコストなどを管理シートに記載します。

取引金額を残高から差し引き、
現金残高計算を行います

管理シート上で取引金額を残高から差し引き、現在の残高を計算します。

当日お持ちいただくのは、シャープペン(HB以上の濃い芯のもの)と消しゴム、電卓(打ち込み易い大きさのもの)のみ!
ボードなどは当団体がすべてご準備いたします。

まずは、お気軽にお申込みください!
戦略MG(マネジメントゲーム)セミナー申し込みフォームはこちら
入会申し込み・お問い合わせは
企業成長戦略支援センターへ

企業成長戦略支援センターは、これからの日本を支える優秀な中小企業を育成支援することを目的としています。各々の企業が経営改革を実行し、国際競争力を付け、世界のマーケットに出て行ける力を持った存在となるための様々な支援策を、その道に秀でた専門家が力を合わせてご提供させて頂きます。

企業成長戦略支援センターについて >
このサイトを共有する